« ちょっといい詩 種田山頭火 | トップページ | 休眠打破? »

2012.03.05

野遊と自転車通勤

3月5日(月) ある晴れた日

Photo

 雨・晴・雨・雨・・・ 雨模様のお天気が続いて、どうにもスッキリしてくれないが、一雨ごとに、たしかに暖かさがやってきている。

 先週末、やっと晴れた土曜日、庄内緑地公園に自転車散歩した。
 久しぶりにガッチリとヘルメットとサイクルウエァで固めたら、出会うサイクリストから「こんにちは」と声がかかる。
 なんだか身内に遭遇したような気分だけど、これも春の兆しのひとつかも。

 紅い侘助と黄色い老梅の花が咲いていた。
 公園も冬枯れした枝ばかりが目立った先月とは違って、少しずつ春らしい色になってきた。
 「野遊」という習慣は万葉集の時代から、日本の風習であったという。
 春になって、野や山に村中がくりだして歌や句をつくったりしたそうだ、今では考えられないが、歌や句は作らなくとも、家族連れでお弁当を持参して、楽しむ姿が、これも春らしい野遊び。

 侘助も老梅も写真に撮ったが、この冬枯れした枝の向こうに遊ぶ親子連れの姿のほうが、なんとなくほのぼのした春の風景だと思う。

 雨の合間の晴れた日には、仕事先に自転車通勤するようになった。
 まだ始まったばかりだけど、自転車通勤の復活である。
 片道13キロで往復26キロ、以前と同じくらいで、ちょうどいい距離だ。
 昨年までは南方向に工場地帯を走ったものだが、今は東方向に自転車を走らせる。
 ちょうどこの庄内川の堤防道が通勤路なので、公園の草木を眺め、川の流れを目にし、もう雰囲気は以前の通勤道とは一変した。
 同じ自転車通勤でも、この道の気分のよい事この上もない。

 桜の季節にもなれば、ちょっとした桜並木も近くにある。
 もう少し言えば、朝の通勤ラッシュから解放された、昼前後の時間帯なので、なおさら「優雅な出勤」だ。
 この歳で自宅から自転車で来ることに、職員さんたちは驚きの顔を隠さない。
 ちょっと自慢、ちょっと優越感・・・いえいえ年甲斐もないって顔か(笑)

 ははは、またこの「職場」でも、自転車の愉しさを知ってもらうチャンスだ!と思っているのだ。
 
 

 
 

|

« ちょっといい詩 種田山頭火 | トップページ | 休眠打破? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ははは、自転車普及のために新しい職場に勤めたみたいだなぁ・・・

投稿: マミケン | 2012.03.22 11:54

魚心あれば水心、目ざとく自転車大好き人間を探し出しましたよ、ははは。
「自転車でどこにサイクリングいきますか~」仕事から離れた趣味の世界の話をすると、むずかしい顔にも笑顔がこぼれます。人間関係なんてそんなものでしょうね。

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.23 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっといい詩 種田山頭火 | トップページ | 休眠打破? »