« 休眠打破? | トップページ | 映画「乳母車」 »

2012.03.11

名古屋ウィメンズマラソン

3月11日(日) 東日本大震災から一年が過ぎたが・・・

Photo

 2011年3月11日の東日本大震災から一年が過ぎた。
 テレビで「安っぽい絆など必要ない!」と被災された方の言葉が紹介されていた。
 身につまされる言葉である。
 あの震災を忘れてはならないし原発の汚染も収束などしていない。
 3.11を境にたしかに僕たちの価値観の転換が問われたと思う。

 そこを忘れて同情を寄せても、やっぱり「安っぽい絆」でしかないのだろう。
 被災された人と故郷の復興は急がれる、原発の可否も問われている。
 それは僕らにも自分自身の生き方が問われていることに他ならない。
 忘れてはならないのは、3.11に感じた自分自身の痛烈な思い、生き方や姿勢なんだと思う。

 今日は愛知県図書館への図書返却日だった。
 と同時に名古屋ウィメンズマラソンの開催日でもあった。
 県図書館前はフルマラソンのコース、ロンドン五輪の代表選考会を兼ねてるから、そんな選手たちの姿が見られるかと思ったら少々時間が遅すぎた。

 それでも3万人が走る一大イベントである。
 都市高速道路の下を走るマラソンでは風情もないが、それも現代なんだろう。
 女性たちばかりが次から次へと走り抜ける、いやはやなんとも・・・という感じ。
 幹線道路を封鎖して普段は車で溢れる道路を、終わりなき女性軍団の凄まじきパワーが続く気がした。

 沿道から「がんばれ~」と声がかかる、少しハニカミながら選手が手をふる、名もないランナーたちの一世一代の晴れ舞台のようにも見える。
 42.195キロの半分を走り終えたくらいだろうが、気持ちがいいんだろうな。

 県図書館のDVD貸出のコーナーに初めて入ってみた。
 以前から一度見たかった映画もあったので3本ほど借りた。

 「兎の眼」 中山節夫監督作品で灰谷健次郎の小説を映画化したもの。
 「星新一ショートショート」 実写・アニメ・CGといろいろ映像化されてると。
 「住井すゑ・百歳の人間宣言」 あの「橋のない川」の作者の記録映画

 DVD化されていない昔のビデオの日本映画があるか聞いたら書庫にあるという。
 残念ながら探している「天保・水滸伝」はなかったが・・・
 大人も子どもも図書館は探せば楽しい遊び場である。

|

« 休眠打破? | トップページ | 映画「乳母車」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

図書館をどう使うか?それは定年後の1つの動きである。自分の好きなテーマがあると図書館は宝箱である。しかも自分で保管しなくても、常に本はここにファイルされているのだ。

投稿: マミケン | 2012.03.16 16:33

そうなんですよ。この宝箱はめちゃくちゃ面白いですね。
まず、本棚の背表紙を眺めているだけで、とても面白いです。
自分の知らない世界が幾つもあって、知らない人生や知らない物語に出会えるわけですね。
時間に追われて働いていた頃は、そこまで余裕を持って図書館に通っていなかったが、今では女性がウインドウショッピングに時間を割くのと同じくらい、興味深いですね。
これも定年後の一つの社会との接点だと思うのです。
シニアたちよテレビを捨て図書館に行こう!です・・・(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.18 00:20

そうですねぇ・・・知性の点で、現代テレビと図書館では横綱と幕下くらいの差がありますねぇ・・・(NHK・BSプレミアの番組は好きです)

投稿: マミケン | 2012.03.19 08:45

ははは、最近よく観る1950~60年代の日本映画と今の洋画も横綱と幕下くらいの差かも・・・
退職を契機に仕事の時間もちょっと少なくなりました?
サラリーマンはやっぱり余裕というのが一番必要だと僕は思っています。文化を享受するにも時間がいると。

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.20 02:13

これが、仕事もデスクも1ミリも変わっていない。給料だけ半分だが・・(でもちっとも気にしていない)。

マラソンで思ったことは「走りながら休めばいいのだ」ということだ。何も休日だけが休みではない。小さい5分の気分休みをつないだら大きな休みになる。

定年で思ったこと。サラリーマンは常に「前の電車に乗りたかった」と思うものだが、僕の定年後は「あ、2台後の電車でも同じだなぁ・・・」ははは。

投稿: マミケン | 2012.03.21 08:45

こんばんは~。
給料が半分になって仕事は同じですか。サラリーマンの給料はただ単に都合で決まってるってことですね。
しかし、僕はときどき思うのです、給料を自己申告制にしたら、社会は成り立つだろうか?と。
今のような競争原理の文化ならば、間違いなく破綻するが、子どもたちだったら、案外みんなで話し合って、けっこう上手くゆくんじゃないかと。
まあ、ユートピアですけどね(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.21 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休眠打破? | トップページ | 映画「乳母車」 »