« 野遊と自転車通勤 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン »

2012.03.10

休眠打破?

3月10日(土) 緊張と弛緩の日記

 今年は例年以上に寒い日が続いて、梅の開花も桜の開花も遅い!眠ってる。
 では、暖冬ならば桜の開花が早いのかというと必ずしもそうではないという。
 冬のある時期、しっかりと一定の寒さがあると花芽はしっかり眠ることができるから、春になるとパッと目覚めて開花するが、そうじゃないとダラダラと遅れることもあるという。

 ははは、人間と同じじゃないか、夜しっかりと熟睡すると、朝パッと目覚める。
 実に、耳の痛い話であるが、人の暮らしもダラダラと過ごしていると、「いざ鎌倉!」とはならない。緊張と弛緩のバランスがうまく調整できないと、ストレスばかりが心を折らすし、思考力の低下が健忘症をうみだす。

 なんとも人の心っていうやつは、「きゃしゃ」にできている・・・という人ばかりでもなく、他人ごと我ほどほどしか関知せずって人もいて、案外そういう人のほうが人生を楽しめそうだ。

 知らぬ間に・・・いやこれは嘘だが、ブログ更新も一週間が経っていた。
 今週は晴れよりも曇り日が多かったが、自転車通勤をしたら、筋肉が張る、階段を数往復すると久しぶりに筋肉痛になる。雨のせいにしてちょっと怠ってたつけも回ってくる。

 やはり、きちんと習慣化しないと、人は筋力も思考力も意欲も減退するもので、こういうブログの日記ですら、文章化ということに、ちょっと知恵が回らなくなる。
 というか、日々の暮らしの感じ方が鈍くなると、文章も書けなくなるように思う。

 退職して10か月ほど、僕は確実に人と会話する機会が減って、本を読んだり映画を観たり、自転車に乗ったり、そういうことはしても、会話、人と言葉を喋るという行為が減って、たしかにちょっと物覚えが悪くなった。
 テレビの芸能人の名前が出てこない、置き忘れが発生する、そういう健忘症的なところが、たしかに増えたように思う。

 緊張と弛緩のアンバランス。
 人と話す行為は緊張感をともなうもので、僕は高れい者が一人家の中でテレビをお友だちに暮らすことが、心の緊張感をいかになくすものか・・・とそう思った。
 しかし、ほどほどの緊張と弛緩をもった暮らしがむずかしいのが現代であって、人情味の薄れた職場ではストレス過多が、死ぬほどつらくなることもある。

 話はそれたが、この一週間で初めて経験したこと。
 JAFを利用した。乗っていたRAV4の乗用車がなぜかパンクしてしまっていた。
 急きょ電話してJAFを呼ぶ、何十年も加入していて初めて利用である。ものの40分ほどでレッカー車で到着した方に見てもらう。

 な・な・なんとタイヤの劣化が原因のようだ。亀裂が入ってるそこから空気が抜けて、高速道路ならば、実に恐ろしや~恐ろしや~ってことだ。
 もう11年も乗ってる車だから、そろそろ引退させてもいいのかも知れない。ほとんど事故やトラブルもなく来たのが不思議といえば言えるし、この何年間は車よりも自転車の世界だったからなぁ・・・

 ・・・と、そういうわけで、車のショップでパンフレットをもらってきた。
 実に、10年ひと昔なわけで、自動車もずいぶんといろいろ出てきている。ハイブリットカーとかいろいろ。
 もう毎年行ってたスキーもやらなくなって久しいし、それほど車社会にも興味は少なくなったし、ここらでちょっと自転車が2台積め込める小型の乗用車にでも、チェンジするか。

 こういう考える前にキーボードを打つ文章も、まだまだ弛緩ばかり目立つ日記だなぁ。
 
 

|

« 野遊と自転車通勤 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は一人暮らしになった母のところに少なくとも一日おきには行っていました。そのうち夜も泊まりに行くようになりました。夜泊まりに行って仰天したのは母はずっと独り言を言っていたのです。昼間にはわからなかった母の孤独の深さに気づかされました。
今も痛みます。

我が家の車も今年で11年目です。今度は自転車が入るのにしてと夫と言っているのですが、まだまだ乗れそうなので買い替えは先になりそうです。一休みさんはよく車に自転車を詰め込んで遠出されているようですが、乗用車ではなかったのですか?それともそういう場合は折り畳み用自転車なのですか?

投稿: feliza | 2012.03.11 10:45

タイヤの劣化?マイカーは15年ですが、タイヤなんて替えたことがない。不安になりました。職場では忙しすぎて老後の準備ができず、退職後は居場所に困ってコンビニ通いしている初老男性が多いって、最近誰かに聞いたね。

投稿: 杉山 | 2012.03.11 14:08

felizaさんこんばんは。
言葉にして人と話すことの重要性を痛感しましたね。ときどき一人暮らしの義母宅に行くと、よくしゃべります、社交的なんです、そういうのがで元気の元なのかと・・・認知症の方の独語ってのも不思議な事じゃなく自然なことかも知れないですね。
RAV4って車種は四輪駆動で車高が高いから、前輪を外して縦に荷台に積みこんでいたのですよ。スポーツ自転車はレバーで簡単に車輪が外せるから、それほど大きくない普通自動車にも寝かせて積めます、もちろん後部座席は倒して荷台にしますが。ママチャリでは車輪が外せないから、ちょっと大きめの車でないと積めませんね。
カワユイスポーツ自転車なら軽自動車にだって積めるんですね。春です、サイクリングの季節です、どうですか!


投稿: ちょっと一休み | 2012.03.11 22:00

杉山さんこんばんは。
15年はちょっと危ないような気がしますね、普通道ならパンクしたなぁ~だけど、高速道路では熱をもってバァァ~ンと・・・かなり危ないらしい、とJAFの方が言ってました。タイヤに亀裂があるとそこが薄くなってダメだって。
やっぱり退職したら趣味に興じて・・・そういう切り替えは無理ですね、働いているうちから何かを取り組まないと。
平日の喫茶店など見るからに居場所を失くしたお年寄りの多いこと多いこと。
「50の手習い」って言うでしょう、あれは長い人生を生き抜く先人の知恵かもしれないですね。
まあ、働かされすぎてる日本のサラリーマンの現状が問題なのですが。

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.11 22:11

近頃、毎日自分で自分に宿題を出している。何かをやろうとして「忘れないうちにやろう」と焦らない。わざと翌日に回す。ちゃんとそれを覚えているか試す。先日テニスコートで合った先輩夫婦は「人の名前忘れる」と言っていた。

元ドラえもんの声優・大山のぶ代は夫婦で「あれこれ禁止令」を出している。すべて固有名詞で話す。忘れた時は夫婦でうんうん唸って2人で思い出すのだそうだ。これっていいなぁ・・・

投稿: マミケン | 2012.03.22 12:19

認知症や健忘症じゃないかと思うのは、たしかに「人の名前」が思い出せないときですね。
テレビを見てて、よく知った俳優の名前がでてこない、顔は覚えてても「名前が・・・」
視覚的記憶よりも言語的記憶のほうが老化しやすいのだろうか?
能は刺激しなきゃいけない、その刺激の最大は人と会話することだと思いました。
いくら読書しても映画を観ても文章を書いても、人と話し合うことの方が何倍も、脳の活性化に役立ってる・・・これはこの一年で痛感したことです。

投稿: ちょっと一休み | 2012.03.23 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野遊と自転車通勤 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン »