« 街でみつけたもの 「定(さだめ)」 | トップページ | 中村遊郭 »

2012.02.27

微笑みハイタッチ

2月27日(月) 朝だ!おはよ~

 入口の上履きスリッパにかえ、アルミ戸を勢いよく開けて「おはよ~」と言う。
 一斉にいくつもの瞳がこちらを振り向いて「おはよ~」と返ってくる。
 屈託のない微笑みである。

 まだ、あまり見慣れた顔じゃないから、みんな俄然注目するわけだ。
 人懐っこいダウン症の方が、作業を中断して手を差し伸べてくる。
 ちょっとハイタッチをして、ニコニコ顔が、これまたいいのだ。
 つまり、何て言ったらいいのか、媚びもしない、つくり顔もない普通の人懐っこさ。

 健常者の世界では「おはようございます」というと、まずはその日の朝の気分感情が言葉に表われて、一応「おはようございます」と返ってくるが、今日のご機嫌はどんなものだろう?と推察する。
 そんな顔色観察も必要ないのが作業所の日常なのだ。

 純情素朴といえば、まさしくこの微笑みなんだろうと思う。
 「こうして障がいを持つ仲間といると楽しいのですよ」と職員さんが言う。
 楽しいだろうなと思う。

 慇懃無礼とか腹の探り合いのない人間社会がそこにある。
 障がい者だから特別な社会ではない、僕らが失ってしまった本来の共同意識が自然にあるだけだ。

 「名前を名乗ってくださいね~」と真面目顔で軽度の障がいの方が言う。
 「はいはい、一休み(ここは本名だが)で~す」
 単純な作業の繰り返しだけれど、みな一生懸命働いているのだ。
 朝からとても気持ちがいい。
 

|

« 街でみつけたもの 「定(さだめ)」 | トップページ | 中村遊郭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ははは、僕は「人と会う」ことは「人の見た風景をいただく」のと同義語である。この人の目に今、どんな風景が見えているのか?と考えると、ヘタな美術展など見るより刺激的です。

僕の「風景」とは「生き方すべて」ですが・・・

投稿: マミケン | 2012.02.28 12:16

こんばんは。

こういうお話がきっと聴けるだろうと期待をこめて待っていました。

新しい環境での一休みさんのブログの振り幅、広くなりそうですね~。
楽しみにしています。

投稿: tami | 2012.02.28 20:06

間宮さんこんばんは。
何人もの方と初めて会って、やっぱりお互い緊張して、それが少しずつほぐれて行く。
簡単な経歴を知り、そこからその人の人生を遡って考えて行く、そんなに深く知るわけではないが、会話の端々に見えてくるものもあるんですね。たった2週間余ですが。
いろんな人がいます、知らない人生を歩んでいる人がいて、そういう人たちと関わりあう・・・もっとも苦手なことでもあり、もっとも興味深いことでもあります。

投稿: ちょっと一休み | 2012.02.28 23:39

tamiさんこんばんは。
きっとtamiさんがボランティアで会うお年寄りの方々の笑顔と同じなんだと思います。
ははは、僕は現場じゃないけれど、作業所の現場の方が100倍楽しそうです。
とはいえ、やっぱり人間の集団だから、一日ごとにいろんなものが見えてきます。良い話も辛い話も・・・
そういうものを全部ひっくるめて「仕事」なんでしょうね。
先日昼の給食(300円)をいただきました、自分で作る昼飯とは比べ物にならないほど美味かったなぁ~(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2012.02.28 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 街でみつけたもの 「定(さだめ)」 | トップページ | 中村遊郭 »