« 壁紙ギャラリー | トップページ | 年の瀬に追われて差し出す年賀状 »

2011.12.24

三連休・三本揃い

12月24日(土) 日記

 例年になく始動が早いのが大掃除。
 「この三連休は年の瀬の忙しい人は助かるな」と妻に言うと「365連休でしょ」
 ああ、自分のことかと思うが365連休の実感はない。
 どうも一年の過ぎる早さは、ちっとも変わらない。
 トイレの掃除は終わった、風呂のカビとりも終わった、今日は台所の油汚れの掃除だった。
 昨年ならば、年末の三日間が勝負どころだったが、今年はちょっと早いのだ。
 と言っても、例年に比べたらなのだが。

 キッチンの壁紙の洗剤のスプレーをかけると、こんなにも汚れていたのかと楽しくなるほど、油汚れが取れる。
 脚立に乗って拭き掃除、八年も経つと台所の壁紙もずいぶんと変色するものだ。
 埃もコツコツと付着する、人もコツコツとやればいいのだがそうはできない。
 ピカピカの家を維持できる人は暮らしの天才か、才なければ努力で補うよりない。
 しかし、元は白い壁がすこし黄ばんで、それをふき取って、またちょっと白くなる。
 「ちょっとは白くなったかな?」
 「うん、だいぶきれいになったわ」
 どうでもいいような些細なこと、努力の結果が出れば小さな共感も生まれる。

 毎年恒例になった、正月用の日本酒を友人と待ち合わせて買いに行った。
 ご無沙汰してる知人たちの消息や暮らしを聞いたりする、それも恒例の会話。
 生酒、にごり酒、梅酒の三本そろい踏み。
 梅酒は日本酒で漬けているから、ちょっと他にない旨味。
 この金虎酒造さんは、以前酒蔵も見学させてもらった。毎年仕込みから、この季節に新酒ができる。
 コツコツと酒つくりに精を出す職人さんの、一番いい顔が見られる季節だろう。
 努力に勝る才能はないものだと思う。

P1000871

 
 

|

« 壁紙ギャラリー | トップページ | 年の瀬に追われて差し出す年賀状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おいしそうなお酒たちだなぁ・・・作り手の顔を感じると愛おしくなりますねぇ・・・

我が家の掃除は「寓話会当日のみ」と決めているから、年間6回くらいがいいところなのだ。ははは

投稿: マミケン | 2011.12.29 09:47

僕はそれほど酒飲みではないのですが、美味い酒だと思っています。
酒蔵にちょっと入ると日本酒の、あの香りが蔵全体に漂っています。
都会の中の酒蔵も数えるほどになって来ています、あの職人さんの後継者はいるのかな?などと思ってしまいます。
「モノ作り」って楽しいだろうなと思います、では、自分は何ができるのか?
まあ、そんなことも思ったりする年の瀬です。

投稿: ちょっと一休み | 2011.12.30 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 壁紙ギャラリー | トップページ | 年の瀬に追われて差し出す年賀状 »