« 三連休・三本揃い | トップページ | 餅つき風景 »

2011.12.27

年の瀬に追われて差し出す年賀状

12月27日(火) 人の心が年の初めに届く国・・・なるほど

 お金はないが、時間と暇はたっぷりあるはずなのに、今日、年賀状を投函出した。
 年の初めの松の内には着くだろう。
 今年の郵便局の年賀状のキャッチコピーは「人の心が年の初めに届く国」
 元旦の日のポストに届いた年賀状を家族に振り分けて、さながら「人の心が届く」嬉しさというわけだ。
 出すのは手間暇かかって辛いが、もらうのは嬉しいというのが本音か?

 一枚の年賀状を書くのに費やす時間はどれほどだろうか。
 パソコンが普及して、文字もイラストも写真も、宛先だって住所録データーだ。
 そうして出来上がった文面に、少しの言葉を添える。
 メールやケイタイの普及した今では、息子も娘も年賀状はわずか。
 年賀状として挨拶するのも「人の心」なら、メールで書くのも同じなのだろう。
 時代とともに表現方法も変化するものだ。

 今年はまたしても下手な風景スケッチに取り組んで苦労した。
 なんせ、これまでの人生でスケッチなどは数枚しか描いたことがない。
 この風景を年賀状にしてみたらと思って、下準備をして・・・
 何度も失敗をして、ほどほど疲れて、意気込みとは大違いの出来栄え。

 それでも、そういう四苦八苦も、出来上がれば自分では楽しい。
 楽しく暮らしている気持ちが伝われば、年賀状としてはOKと手前勝手な理屈をつけてみる。
 まあ、あまり年賀状らしくない便りのようなものだけど。

 せっかく描いたスケッチなので、自宅の壁紙ギャラリーの一枚にした。
 
 

|

« 三連休・三本揃い | トップページ | 餅つき風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

年賀状のキャッチコピー毎年楽しみにしています

「出す年賀状の数は、私を支える人の数です」
とか
「また、人が人を想う季節が、やってき来た」
とか
「年賀状は贈り物だと思う」
とか

今年は、喪中のご挨拶が沢山届きました。

どちらかのお父さんお母さんを亡くされた方が多いのですが、今年は伴侶を亡くされた方が何人かいらっしゃいました。

そんな年齢になったんだとしみじみ思いました。
だからこそ、これからの人生余白で生きるのではなく、新たなページの始まりと思い頑張らねばと年賀状を書きながら思いました。

今年も後数日。
主婦はこれからが正念場です。
自分に「フアイト!」(笑)

投稿: tami | 2011.12.29 00:46

「子供の絵」のように楽しく描けたら、最高!!
お絵描きが好きな子供たちだが、これが嫌いになるのは、小学校に入り「絵」の点数を付けられる頃から。「子供の絵」は子供の「全人格」である。これに点数を付けられるのだからたまった物ではない。そうして日本政府は国家予算をかけて「絵の嫌いな子供たち」を増産している。

いっそ、全科目で「点数制度の廃止」が望まれる。あれって中国の「科挙」の流れでしょ。優秀な役人を選別するだけの。記憶力が高いから人間として素晴らしいわけでも何でもないのにねぇ・・・記憶だけならパソコンだけでいいのに。昔はパソコンがないから記憶力が「頭がいい」評価だったんだなぁ・・・笑っちゃうね。「記憶力がいい」から「素晴らしい絵」を描けるわけでもなんでもないのにねぇ・・・ははは

投稿: マミケン | 2011.12.29 09:42

tamiさんこんばんは。
やっぱり正月って、一年365日つづく日常のリセットなのかも知れないと思うのですね。
まさに「新たなページの始まり」と気持ちが改まるのが正月ですね。
その正月らしい風景も少なくなってしまったけれど、心のなかには、ちゃんと正月の風景が残っている。
僕らの世代のちょっとした財産なのかもね。(ははは、同世代にしてしまった)
主婦も忙しい、主夫も少しだけ忙しい年の瀬、換気扇のこびりついた油汚れをとった一日、煩悩も百八つの除夜の鐘に合わせて落としたいものだと・・・こういう古風な事を言ってるのがまた楽しい年の瀬です。

投稿: ちょっと一休み | 2011.12.30 01:16

間宮さんこんばんは。
ああでもない、こうでもないと消したり塗ったりして、他人がどう思おうと、おお力作じゃんと納得して描いてるときの自由さ、これですね。
どうも、この他人がどう思うのか、他人の批評基準が気になり始めるとダメですね。
学校の点数評価もそうですが、絵とか芸術とか、そうしたものが特別の芸術家って人によって作られてきた歴史が、ごくごく普通の人が書いたり描いたりすることを遠ざけているような気もします。
絵も俳句も文章も誰でも自由に作るのが一番素晴らしい・・・という、人が本来持っている表現力ってのを、もっともっと肯定する芸術家が溢れるくらいにならないと、僕らのような普通の人の創作意欲も上がらないのかなぁ、などと思っています。
僕の自己基準では今回のスケッチも力作です、そう思うことにしたのです。(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2011.12.30 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三連休・三本揃い | トップページ | 餅つき風景 »