« 戦国的青春ドラマ(笑) | トップページ | 異次元世界へ »

2011.01.26

満腹中枢神経

1月26日(水) ポン太、嘔吐する

 一昨日のこと、玄関で寝ているポン太の周りが嘔吐物で汚れ、もう異臭が充満していました。
 夜中にそこらじゅうに食べたものを戻して、ひょっとしたらインフルエンザかな?と。
 犬もインフルエンザに罹るのだろうかと思っていましたが・・・

 どうも原因は別のところにありました。
 義母宅に出勤して毎日アニマルセラピー仕事のポン太ですが、寒いだろうと義母が気を効かせて発熱カイロをシートの下に入れたという。
 それを前足でガリガリとやって、どうも破れたカイロを、何を思ったのか食べたらしいのです。
 いや、食べたところは誰もみていないが、やっぱり食べたようで、当然のことながら・・・吐いたってわけ。

 まったく、食い意地がはってるポン太なので、散歩の途中でも目を離せばすぐに拾い食いもします。
 食べれそうなものなら何でも飛びつくところは困ったものなのです。
 ちゃんと餌は与えていても、年がら年中何かを食べたがるのです。

 娘が言うには「犬には満腹中枢神経がないから、飼い主が与えるだけ食べてしまう」というが本当なのか?
 人間がストレス過多から過食症や拒食症になるのは理解できるので、このポン太の「食い意地」の強さも、てっきりストレスなのかと思っていましたが・・・

 いやいや、貪欲で際限のない金の亡者のような人間の「金満中枢神経」がマヒしてるご時世だから、犬とて同様なのかも知れません。

 しっかり掃除して消臭剤を撒いたはずが、なんだか異臭が鼻に残って離れません。
 「もう臭わないよ!」と娘は簡単に言うが、異臭除去の玄関掃除に悪戦苦闘してないお前には、鼻の粘膜に焼きついたこの臭いの辛さがわかるまい!と言いたい。

 まあ、このポン太の困った失態や出来の悪さというものも、それはそれで犬の暮らしということなのです。

|

« 戦国的青春ドラマ(笑) | トップページ | 異次元世界へ »

ペットの話・愛犬ポン」カテゴリの記事

コメント

ポン太、頑張れ!!!

何でも口に入れて食べるのは赤ん坊と同じですねぇ・・・ある意味、生物の本能なのかもしれない。見た物すべてを「これ食えるかな?」と考える。

人間の大人はしませんが、ある意味、その本能が食文化を広げているのかもしれない。海のナマコや蛇も食ってるんですから、人類の食い意地は犬の比ではないのかもしれない。

投稿: マミケン | 2011.01.27 08:37

最近の昼食は配食弁当です。
今流行のワンコインで買える作業所の弁当なのですが、どちらかと言えば高齢者向けなので、野菜が多い。
最初は何だか物足らない気分でしたが、慣れればこれが調度良いのです。
飽食の時代は過ぎ去った昨今だと思っています。
収入が右肩下がりになって、食文化も安くて美味しいものが求められて来ている・・・そんな気がします。
僕は昼飯を公園でバーナーに鍋をかけて、カレーうどんを調理して食べたい!と友人達に言ってます。
「わざわざ公園で?ホームレスの方と間違えられ叱られますよ」と評価はイマイチなのですが・・・
ちょっとナチュラル志向でいいと思いませんか(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2011.01.27 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦国的青春ドラマ(笑) | トップページ | 異次元世界へ »