« Listener (聴視者) | トップページ | ひなまつりの話 »

2009.03.02

一人ぼっちのブログ日記

3月2日 向かい風が半端じゃない!

 あはは、なんとも哀愁がただよってくるタイトルです。

 向かい風がとても強くてペダルが重い帰宅路でした。
 それでも、夜空にはきれいな三日月が浮かんでいました。
 暗い夜道も風も月も、考え方一つで風情がある「弥生」の月の始まりです。

 「よく書いてるねぇ」ブログを読んだ知人の一言です。
 時々虫食いの日があるけれど、できるだけ一日々々の日記を書いてるわけで、「よく書いてる」という言葉には、一生懸命書いてるねって意味と、もう一つ「よくもまあ飽きもしないと・・・」そういう意味もあります。
 後者の方の感想がほとんどだと思うのです。

 誰かに読んでもらいたいと公開してるのが、ブログ日記の特徴ですが、とりたててコメントが多いわけでもなく、訪問者も、「通りすがりの者」っていうこの日記です。
 そんな、相手のいないブログ日記を「よく書いてるね」ってことです。
 
 だから、一人ぼっちのブログ日記。(笑)

 でも、案外そんなふうにして書いてるブログも少なくないと思うのです。
 書いて、書いて、たまにはスナップ写真も載せて、誰かのコメントを待って、そのうち見知らぬブログ友達が出来て・・・
 そんな思いを持ちながら書き続けているブログもある。

 きっと諦めさえしなければ、いつかは願いがかなうものだと思うわけで、ちょっと寂しいけれども、世の中そんなブログ日記の書き方もあるものだと思うわけです。

 だけれども、「いつか」はやっぱり「いつか」であって、そんな孤独な作業は辛さばかり多くて、やっぱりリタイアしてしまうんだと思うのです。

 このブログ「ちょっと一休み」も、ほんと「一人ぼっちブログ」の典型です。(笑)
 だから、「よく書いてるね」となりますが、実際は家族がいて、友人たちがいて、現実はけっして「一人ぼっち」ではないんだけれど・・・

 ある意味「風車に立ち向かうドンキホーテ」のように見えるかも知れないし、「孤軍奮闘」とか「孤高」とか「一匹狼」とか、まあよく言えばそんなふうに映るんだろうか?

 人はほんとうのところ、「一人で生まれて、死んでゆくときも一人」であって、もちろん生きてるときは、何人かの友人や家族によって、支えられ助けられているものです。

 「一人ぼっち」ってのは、人が生きて行く前提みたいなもので、だからこそ、家族や友人を大切にしたいと思うわけです。
 そうした思いは「一人ぼっち」の自分を見つめれば見つめるほど大きなものとなります。

 「一人ぼっちブログ」を書くのは、自分がほんとうの孤独にならないために、自分が人とのつながりを大切にできる心を保つための、そんな方法の一つというわけです。

 だから、人に見せる日記というよりも、自分のために書く日記。
 ・・・・と言うと、「公開する意味ないじゃん」ってことになるのですが、やっぱり行き着くところは自分の表現というわけです。

 ブログ日記は表と裏があってはいけないと思っています。
 匿名性がブログの特徴ですが、犯罪や誹謗中傷、悪意の批評など、さまざまな危険性が無くなれば、実名でもかまわないんじゃないか・・・そう思っています。(まあ、こんなのは今はまだ非現実的ですが)
  
 ブログ日記は良くも悪くも、書いてることが他人の批評にさらされるということです。
 けれど、匿名だから何を書いてもよいということでもないですね。

 書けば書くほど、良いところも悪いところも、浅はかなところも(笑)、どんどん出てくるわけで、それでいいと思ってるんです。
 それが、そのブログを書いてる人の「姿」なんですから。
 そういう自分のいろいろを、さらけ出すことができるブログ日記が書けたら痛快です。
 
 ・・・というわけで、今日も寂しい「一人ぼっちブログ日記」だな、と思ってる同類の方は書き込みを・・・(笑) 
  

« Listener (聴視者) | トップページ | ひなまつりの話 »

コメント

こんばんは。

お知り合いの方の
「よく書いてるねぇ」
は、上手く書いてるねえっていう意味だと思います。

自分の思いを文字に置きかえて文章にするのって、本当に難しいです。
それを、いつも一休みさんは、ささっと書れてますもの。

よくこんな風に分析して書けるものだと感心しています。

「よく続くね~」
って言うんですよ、飽きて読んでくれなくなった人は。(笑)

こんばんは。
コメントありがとうございます。
読んでいただけるだけでも、ほんと嬉しく思ってます。

「一人ぼっちブログ」を最近は肯定しているんです。
書き続けることが日記の本望だと思って、今日も更新だぁ~ってね。

お互いブログを書き続けてずいぶんとなりますね。
「小さな幸せ」を読むのが日課のようになって、写真や文章も洗練されてるのを見て、これって自分への励みになっています。
 個性のあるブログの良さですね。
 そういうブログを自分も作って行きたいと思っています。
 
 ちょっと(笑)のないセンチメンタリティなコメントになってしまったなぁ~
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人ぼっちのブログ日記:

« Listener (聴視者) | トップページ | ひなまつりの話 »