« 0815危機一髪! | トップページ | 愛情風景 »

2007.12.18

言葉の暴力

12月18日 中日新聞記事から

 「学校だけじゃない」「職場のいじめ横行」
 昨日の中日新聞の記事のタイトルです。
 企業で相談業務に関わるカウンセラーに「職場のいじめ」と考えられる相談が8割もあったというのです。

 それで、いじめの内容は
   パワーハラスメントが78パーセント
   人間関係に起因したいじめは59パーセント
   仕事のミスに対するいじめ 44パーセント
   セクハラ 36パーセント
 という割合のようです。

 もはやパワーハラスメント(職権を背景とした嫌がらせ)は完全な社会現象なんですね。
 日本の大企業から中小企業、そして公務員まで、この「いじめの構造」はストレスと精神衛生の悪化の要因にもなっているってわけです。

 ついでに、いじめの形態としては
   ののしる・怒鳴る・威嚇する 68パーセント
   無視・仲間はずれ  54パーセント
   嫌がらせ    50パーセント

 問題なのは、上司から部下への「いじめ」が実に85パーセントに上がるそうです。

 職権を「己の権力」と勘違いして、部下への陰湿な「言葉の暴力」はちょくちょく見受けられるものです。
 管理職みずからが「いじめ」を「いじめ」と認識していないから、たちがわるいってところですね。
 
 品格のない上司は管理能力にも欠ける。
 だから、管理能力を何か「命令すること」と勘違いしているから、職場状況の分析も出来なければ、労働者の悩みや苦しみなどにも心が寄せられないんですね。

 言葉は悪いが「給料ドロボー」といわれてもしかたがない。
 職場でパワハラ行為を行う者が家庭内では穏健で平和なんてありえないですね。

 同僚がこう言ってましたが、実に説得力というか真実味があります。

 『 部下いじめなんかする出来の悪い上司は、今は職権というものがあって、しかたなく皆は従がっていても、どうせ退職して、部下もいなくなった時、家でもつまはじきにされ、嫌われて、誰にも相手にされなくなるんだわ・・・ 』

 
 こんな上司や管理職には、次のような言葉の年賀状を送りつけたくなりますね~

 暴力には腕力だけでなく言葉の暴力もあります、
 そして、そのどちらも人の心を傷つけます、
 そして、その傷はいつか自分の傷となる時がある
        (金八先生 贈ることば より)
 
 
 

|

« 0815危機一髪! | トップページ | 愛情風景 »

社会の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の暴力:

« 0815危機一髪! | トップページ | 愛情風景 »