« ランニングハイと自傷行為 | トップページ | シェードで暑さを和らげる »

2007.08.14

犬・音・過敏症・・・

8月14日 まったくもって世間様のようなお盆休暇が欲しい・・・

 盆休み、夏期休暇、ヴァケーション、バカンス・・・休みの名称はいろいろあるが縁遠い。
 思い切って、日本も夏は「お昼ねタイム」と「二週間以上の夏休み」を法律で決めて欲しい・・・な~んて言いつつ、今日は「犬の生態研究」です・・・・って、嘘です。ただの犬日記です。

 やっぱり夏休みですから、夜になると近所でパーンと爆竹や花火の音が聞こえます。
 で、この音が聞こえると、犬の耳はピーンと立って、音のする方向に傾くんですね。

 我が家のポン太は「音過敏症」ちょっと大きな音がすると尻尾が下がってソワソワします。
 花火の「パーン」という音が、どうも不安でたまらないらしく、普段の玄関から居室に入りたがるのです。

 それで、ウロウロ、ソワソワしながら、音の聞こえない場所探しです。
 台所の隅が今日は安全地帯のようです。

 嗅覚にすぐれた犬のくせに、聴覚に恐れをなしてどうするんだ!と思うのですがね。

 しかたなく、好きにさせておきましたら、借りてきたネコじゃなくて「犬」のようにおとなしい。
 家族にもいろいろな嗜好や得て不得手があるように、やっぱり犬にも苦手はあるのです。
 まあ、そういった、ちょっと出来の悪いぐらいの犬のほうが可愛いもんですがねぇ

 これって、人間も同じかなぁ 完璧人間(な~んて、ほんとは居ませんが)よりも、ちょっと間が抜けているぐらいが、人間味がよくでて好きですね。
 
 花火が止みました。

 近所の若者衆が公園か神社で夜遊びの爆竹ですから、近所のおやじが「うるせー!」って怒鳴ったりして。
 それとも、近所の町内の役員さんが、「ちゃんと水を用意して、後片付けもしておけよ!」って注意したりして・・・

 これは、想像の「夏休みの近所の悪ガキ花火」の風景なんですが、ちょっと叱られて、「すみません」な~んて言って、ペロリと舌を出すぐらいの、元気があってもいいんじゃないかなぁ。

 ポン太も、落ち着いてねぐらの玄関で「フ~」って、金色銀色桃色吐息じゃなくて、ため息です。
 でもって、「やれやれ、やっと終わってくれたか、オイラはあの音嫌いなんだわな」な~んて思ってるにちがいない。

 
 今日の「金八先生 贈ることば」・・・ちょっとこ難しい。

 すべてが合理的で競い合わなければいけない
 なんて風潮は、今やむしろ時代遅れです。

 うむ、ふむ、なるほど・・・・そうゆうことですね。

|

« ランニングハイと自傷行為 | トップページ | シェードで暑さを和らげる »

ペットの話・愛犬ポン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54546/16119351

この記事へのトラックバック一覧です: 犬・音・過敏症・・・:

« ランニングハイと自傷行為 | トップページ | シェードで暑さを和らげる »