堀川 :橋のある風景

  • 19 堀端橋より名古屋城を
     名古屋の歴史を物語る「堀川」の現在を撮ってみた。  清流の戻る日が待ちどおしい。

堀川:桜のある風景

  • 74 庄内用水元杁樋門
     4月上旬の桜が満開となった休日  「堀川」端の桜のある風景を撮ってみました

« 花粉症と「つくし」採り | トップページ | スポーツ精神年齢の話 »

2007.03.05

 気落ちした日

3月5日 気が萎えるということ

 ♪ 人生楽ありゃ苦もあるさ~   ・・・・というけれど。

 なかなか好調なことばかりではないから、気落ちしたときはどうするんだろう・・・人は。

 逆切れして攻撃性を発揮して、できるかぎり自分に都合の良い理屈と方法を考える。
 自分の資質の無さを嘆いて、自己卑下して落胆する。
 まあ、こんな日もあるさと、気分を切り替える。

 重箱の隅をつつくような論議に辟易する日、こんな日に限って仕事につまずく。
 「うんざりする」気分があるから、仕事も「嫌気」が増してくる。
 だいたい、そんなところだろう。

 仕事が楽しいということは幸せなことである。
 仕事がつまらないと感じるときは不幸である。
 仕事が楽しくもつまらなくも感じられなくなったら最悪である。

 人から同情される経験はほとんどないから、あまり嘆いたり怒ったりすることも少ない。
 だから、ほんとうは寡黙になる。
 寡黙になって、普通の会話をする。

 あまりよい日ではない3月5日でした。

 生きていること自体すばらしいンだ。
 
        (金八先生 贈ることば より)

 こんなすばらしい言葉に反応する力が鈍っている、そんな心境が問題だってことでしょうね。


  

« 花粉症と「つくし」採り | トップページ | スポーツ精神年齢の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  気落ちした日:

« 花粉症と「つくし」採り | トップページ | スポーツ精神年齢の話 »