« バイク・タワー | トップページ | 小さな声で内緒話 »

2007.03.13

若い人たち

3月13日 驚きです・・・7人に1人とは!

 ブログ日記を始めて2年半になります。
 よくも、まあ続いているもんだって、おまけに月日が経つごとに更新が早くなり、文字数も増えていってます。
 このまま行けば、うんざりするほどの文章羅列ブログに変貌は間違いありません(笑)

 それで、ブログのおかげで見知らぬ方や若い方々との「会話」もできたりして、別の世界に入り込む・・・そんな雰囲気ですね、って、まあ、つまり歳ですね。

 若い方々のコメントや会話を読ませていただくと、いろいろと感じるものがあります。
 若さと危うさと「希望」、それにちょっと「つまずき」そんなものが、いろいろありますから、宝石箱のように思えるのですが、「本当の心」はどのへんにあるんだろうか、って思う・・・そんな新聞記事を目にしました。

 20歳から24歳の女性の七人に一人(15%)がリストカット(手首を切る行為)などの自傷行為の経験があることが厚生労働省研究班の調査で分かった。四人に一人は「したことはないがしようと思ったことはある」(中日新聞)というのです。

 これは、驚きの数字です。
 ネットの若い方々のブログなどでは、現代版「話し言葉」で楽しく書き込まれ、ときおり使われる絵文字(おじさんは絵文字が苦手なのだ)は、若さと楽しさが一段とアップしているのですが。

 一方では、そんな「ネット」と「携帯メール」が寂しさを紛らわす手段になっているんでしょうか。
 ブログ日記が文章を書くというよりも、友人に語りかける言葉として、重きが置かれているのを読むと、たくさんの人々の中で「孤独と苦悩」を癒しているような気もします。

 そうした、ネットの言葉のコミュニケーションの世界を否定しているわけではありません。
 生身の生活の中で感じる「ちょっと空虚な気持ち」が友人たちの会話で、「ちょっと頑張ろう」ていう思いにさせてくれるならば、そんなに良いことはありませんから。

 けれども、確実に「リストカット」などの自傷行為を経験した若者が七人に一人もいるという現実です。
 「リストカット」は自殺行為ではなくて、どうしようもない自分の解決行為だという、SOSなんですね。

 この調査を行った機関の方は「特に若い女性の間に厭世(えんせい)的な気分が広がり、世の中への失望が自傷に向かっている可能性が否定できない」と話しています。(中日新聞)

 青春の蹉跌です。

 ・・・それでも、辛く、苦しく、悩むことが絶え間なく生じるこの社会ですから、「リストカット」も自分自身の表現方法の一つかも知れませんね。

 それよりも、もっと良い方法が見つかるならば、探してみるといい。
 「リストカットをしているんだ」「苦しんでいるんだ」そう伝えてみると良い。

 人は一人では生きて行けないし、生きられないから、本当の仲間探しの旅に出るといい・・・おじさん達の世代と現代の世代の若者気質が大きく変わっていることは、そのとおりですが、どんな時代にも「悩める青春」は横たわっている・・・そんな気がした本日ですね。

 先日、法事で行ったお寺の「会報」に載っていました。

 いろんなこと
   あるけれど
 明日は
   きっと
  いいこと
     あるさ
 だから
  もうすこし
 がんばろうよ
       自分に

 がんばらなくてもいい、だけど もうすこし がんばろうよ!・・・これ、自分に言いきかせてみようかなぁ

|

« バイク・タワー | トップページ | 小さな声で内緒話 »

社会の話題」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ブログ、2年半おめでとうございます。

長い文章をいつも楽しく興味深く読ませていただいています。
たまに短い日もあるでしょ。
あれ、これだけって思いますもの。(笑)

これからも、ずっと続けてください。

あ、そうそう、「寅さん」やってますね。
懲りずに又見ています。(笑)

投稿: tami | 2007.03.14 23:52

こんばんは
残業を終えて自転車の脚力全開で帰宅したところです。
「男はつらいよ」第32作「口笛を吹く寅次郎」今日放映なんですね。
いやぁ~知らなかったから、教えていただいて「小さな幸せ」をかみしめています。
昨年、秋分の日に放映されて、ブログで書いているんですが、何度見ても良い「寅さん」です。
ついでに、今度の日曜日の「華麗なる一族」も、どうぞ見てやってくださいな。
ワンカットの私ですが・・・あはは
では、夕食をとって、「寅さんです」(笑)

投稿: tamiさんへ(一休み) | 2007.03.15 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54546/14256461

この記事へのトラックバック一覧です: 若い人たち:

» ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ [スーパーサイヤ人]
ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ 2007年03月15日11時27分 昨年1年間にインターネット上などへ自殺予告を書き込んだことが確認された79人のうち、警察と接続業者の連携で40人が保護に結びついた。警察庁の調査で15日明らかになったもので、自殺を防げなかったのは1人だった。書き込んだ人物は特定できたが行方がつかめず、後に遺体で見つかったという。 警察と接続業者などとの連携は、業界団体が05年10... [続きを読む]

受信: 2007.03.15 14:11

« バイク・タワー | トップページ | 小さな声で内緒話 »